Rss

表の声・チェストボイス・地声

ポップス形の表の声の鳴らし方を覚えます。

もっとも負担の少ない自然な、ならしかたです。
声帯をナチュラルな位置のままでならしていきます。
ストレートに声が前に出てくるのでマイク抜けが良いというのも利点です。

①低い音から高い音まで音程に関係なく、音色、音量を一定に保ったまま、ならすトレーニング。
②発音に関係なく、音色、音量を一定に保ったまま、ならすトレーニング。
③音符の長さに関係なく(スタッカート~ロングトーンまで)音色、音量を
一定に保ったまま、ならすトレーニング。

この3つのトレーニングを中心に、ポップス形の表の声のならし方を覚えていきます。
基本となるナチュラルな、ならし方を覚えましょう。

胴体に響かせてならすクラシック形(ベルカント)とまったく逆のならし方になります。
正しいならし方を覚えましょう。

(表の声で歌う代表的なシンガー:ホイットニー・ヒューストン)