Rss

講師コメント 2014/5/9更新

M&N Bit Of Soundでレッスンをする講師たちのコメントを紹介。
随時更新していきます。

 講 師 か ら コ メ ン ト 

こんにちは。フルカワです。古川淳一先生

新緑が心地良い季節になりましたね。
私は通勤経路として井の頭公園を自転車で通ることがあるのですが、
この時期は本当に良い気候なので、このままどこか遠くに行ってしまいたい…
そんな気持ちを抑えながら、毎日スクールまで通っております。

さて。先日ある本を読んでいて、

「身につくということは、忘れるということである。」

という一節に出会いました。

とても含蓄のある言葉でありながら、歌うことだけでなく、
ボイストレーニングにも応用が利く言葉だなぁと感じました。

例えば、このホームページの中でも詳しく解説されている腹式呼吸。
レッスンにおいても再重要項目の一つなので、一番最初に説明しますし、
何かにつけて細かくチェックしていかなければならない項目だったりもします。

しかし、普段日常生活では胸式呼吸をしていることがほとんどなので、
腹式呼吸で歌おうと思っていても、最初の段階では余程意識していない限り難しいです。
結果として、呼吸の量が上手にコントロール出来なかったり、
肩やノドに余計な力が入ったりして、思うように歌えない原因となってしまいます。

そこで大事になってくるのが、
腹式呼吸が大切であるということを、ただアタマで理解するだけでなく、
自分が腹式呼吸をしているということ自体をすっかり忘れてしまうくらい、
意識しなくても自然に腹式呼吸が出来てしまっているという状態になるまで、
ひたすら地道に練習を繰り返す、ということなんです。

レッスンやトレーニングをどんどん積み重ねながら、
そういえばいつの間にか知らないうちに出来るようになってるよなぁ…
なんて思っていただけるのが、ある意味理想的なのかもしれません。

またこれは腹式呼吸のみならず、
歌を上手に歌うための技術を習得するという点においては、
ほぼ全てに当てはまることなのかもしれませんね。

派手さの無い地味な練習を積み重ねることはとても大変なことですが、
それを乗り越えて習得した技術を用いて歌うことの素晴らしさや心地良さを、
少しでも多く味わっていただけるように、精一杯サポート致します。

ボーカリストにとっての楽器である声帯を、
丁寧に磨いて、大事に育てて、楽しく歌っていきましょう!

講師COMMENTS一覧へ