Rss

花粉症とボイストレーニング

2019/03/01

こんにちは。東京のボイストレーニングスクールM&N Bit Of Sound講師の古川淳一先生の写真
東京・吉祥寺 M&N Bit Of Sound ボイストレーニングスクール ボイストレーナーのフルカワです。

今回は【花粉症とボイストレーニング】というお話です。
春が来ると花粉が飛んできて憂鬱になる、という方も少なくないのではないかと思います。御多分に洩れず私もその一人なのですが、花粉症患者の皆様、対策は万全でしょうか?また、花粉症ではないという方にも影響が出てくることがあるかもしれません。なるべく取り込まないようにすれば発症しにくいということもあるようですので、マスクなどでしっかり対策していただければと思います。
さて。そんな花粉の季節におけるボイストレーニングについてですが、鼻が詰まったり喉がイガイガしたりと、何かと不都合なことも多くありますよね。私も、ハミングやネィのトレーニングをすると鼻がムズムズしてくしゃみが出たり、高い声や低い声を出そうとすると痰が絡むような感じになることもあり、非常に不快だったりします。そういったときに、まずは無理をしないことが大事です。痛みや不快感を感じる時は、鳴らし方が悪い場合もありますが、そもそものコンディションが悪いと良い鳴らし方ができなくなることもありますので、水分を取るなどして一旦休憩をとることをお勧めします。そのまま続けてやり過ぎてしまうと、悪いクセがついてしまうばかりか、さらにダメージを加えてしまうことも考えられますので、いつも以上に慎重にトレーニングをするように心がけてください。
調子が良い時にできていることが、途端にできなくなるというのもよくある話です。深刻になりすぎることなく、調子が悪い時は喉を休ませることもトレーニングの一環だ・・・くらいに思っていただいて構いません。栄養や睡眠時間の確保も重要です。体調や喉のコンディションを分析しつつ、トレーナーとも相談しながら無理なくボイトレしてみてくださいね。