Rss

反復練習の重要性

2017/10/23

こんにちは。
東京・吉祥寺 M&N Bit Of Sound ボイストレーニングスクール ボイストレーナーのフルカワです。

 今回は【反復練習の重要性】というお話です。皆様。ボイストレーニング、頑張ってますか?コツコツ続けてますか?「継続は力なり」なんて言葉は聞き飽きたかもしれませんが、今回はそっち方面のお話でございます。昨今、ボイトレに関連した情報がどんどん溢れてきています。インパクトの強い言葉が耳目を集めるなんてこともよくある話です。何を信じればいいかわからない、何が正しいのかがわからない、と常に不安と隣り合わせで進んでいかなければいけないという気持ちもよくわかります。私は、質の高いトレーニングメニューをとにかくひたすら愚直にきちんと反復練習することこそ、成長や進化の王道だと強く信じています。そこのところの、少し根性論や精神論に近い話も織り交ぜていきながら、私の考えや想いを、普段よりも少し熱量を上げて書いていこうと思います。暑苦しい内容になるかとは思いますが、是非最後までお付き合いいただければと思います。

 まずは当たり前の話から。どうやったら歌が上手くなるの?と聞かれたら、それはもう「練習あるのみ」としか答えられません。魔法など存在しません。トレーナーなどから教わった練習メニューをひたすらに繰り返す中で、少しずつ進んでいくしかありません。1回のレッスンで大いに収穫のある時もあるでしょう。5回、10回レッスンを受けてもあまり変化がない時もあるでしょう。どのくらいの期間でどのような成果が出るのか、それはやってみないとわかりません。これから練習を積み重ねていくことで少しずつ上達していくんだというポジティブな希望を持って、何か新しいことが出来るようになったら自分がどのように良くなるのかなどを妄想しながら、出来ていない 状態をむしろ楽しみながら進めていきましょう。私自身もかれこれ15年以上同じトレーニングをひたすら繰り返していますが、いまだに新たな発見があるくらいです。「進化」や「熟成」はあっても、「到達」や「完成」は無い世界です。気負いすぎず、焦ることなく、ネガティブになりすぎずに、コツコツと進めていきましょう。

 人間が物事を習得するのには順序というものがあります。私が考える順序は以下の通り・・・【①知る ②理解を深める ③身体での具現化を試みる ④挑戦と失敗を繰り返す ⑤少しずつ出来るようになる ⑥失敗が少なくなる ⑦無意識に身体が動くようになる ⑧ほぼ失敗しなくなる】です。新しいことを何か習ってから、お手本のイメージに近づけようと頑張ってみるところからがスタート。あーでもないこーでもないを繰り返すうちに、教えてもらったことをより深く理解することができて、自分なりの長所短所、チェックポイントもわかってきます。最初は失敗が多いかもしれませんが、繰り返し進めていくことで完成度が上がり、最終的には何も意識していない状態(=それをやろうと思わなくても勝手にそう身体が動いている状態)にまでなれば習得していると言えるでしょう。「身につくこと」は「忘れること」です。当たり前のようにできるようになるまで反復練習を繰り返し、完成度を上げていきましょう。

 そんな反復練習をするときに気に留めておいていただきたいことがあります。それは「しっかり考えながら練習すること」と「あまり深く考えすぎずに練習すること」の良いバランスを保つ、ということです。一つ一つの練習メニューに意義があって、その意義を噛み締めながら、微に入り細に入り精度を上げるべく集中して・・・などと書くともっともらしいというか、何だか良さそうな雰囲気も漂いますが、それだけだと足りないと私は考えます。いちいち考えながら練習してしまうと、不自然なところや上手くいっていないところが気になってなかなか先に進めなかったり、悩みすぎて量が稼げないこともありうるからです。考えすぎることでより悪い方向に行ってしまうことだって起こりえます。少々不完全でも構わないので、とりあえず量を稼ぐということも大事です。ルーティーンワークなどをひたすらに繰り返しながら、考えすぎずに量を稼ぐような練習をする中で、何かの拍子にとても良い感触を得られることだってありえます。頭の中を空っぽにして淡々と練習を進めていくことで、自意識も薄れ、無駄な力も抜けていき、よりナチュラルな状態に近づけるというわけです。あのブルース・リー氏の言う、Don’t think. Feel.(「考えるな。感じろ。」)というやつですね!数学などで新しい公式や定理を習ったとき、最初はそれを慎重に確認しながら解き進めていきますが、慣れれば何も考えずに計算式に入れ込んで解き進めることができるようになりますよね?テーブルの上にあるコップを取るときに、筋肉や骨の動きをいちいち考えながら腕や身体を動かす人はいませんよね?間違えながら修正しながら覚えていく。スムーズにいくところはどんどん進める。脳みそフル回転で考えまくる時もあれば、とにかく量を稼ぐつもりでぐんぐん進める時もある。「考える」と「考えない」を行ったり来たりしながら反復練習を行っていただければ、最大の効果が望めるのではないか、と私は思っています。理解して、実践する。考えながら、考えすぎない。これをひたすら繰り返すことこそが反復練習です。頑張りましょう。

 まだまだ全然書き足りないのですが、長くなってしまったので、今日はここまで。次回もこのお話をさらに続けていこうと思います。お楽しみに。

 それでは!今日も良いボイトレを!