Rss

反復練習の重要性その2

2017/11/13

こんにちは。
東京・吉祥寺 M&N Bit Of Sound ボイストレーニングスクール
ボイストレーナーのフルカワです。

 今回は【反復練習の重要性 その2】というお話です。前回の記事の続きになります。まだ読んでいない!という方は是非前回の記事も合わせてご覧になってください。それでは始めます。

 反復練習の効果として期待できることは様々あるのですが、自分の特徴や個性をより深く分析することができる、というのも重要なことのうちの一つです。

日々のトレーニングは上達するためにやるだけではなく、分析するためにやるものでもあります。毎回毎回同じメニューを繰り返し、その都度細かい分析をやることで、自分の癖やその日の調子が掴めるようになってきます。

例えば、練習がしっかりできている時の感じやノドや声帯の調子がいい時の感じと、逆に練習ができていない時の感じや風邪っぽかったりして調子を崩している時の感じは全然違うはずです。また、仕事などで疲れている時の感じや、休日などで疲れが取れている時の感じなど、ストレスのたまり具合や体の疲れ具合でも変わってくるでしょう。もっと簡単なところでいくと、朝昼晩のいつなのか、食前食間食後のどのタイミングなのか、などもあるでしょう。

それぞれの状況においての自分の発声の感じがどうなのかをしっかりと分析して情報を得るということがより大切になってきます。そんな「今の感じ、どうよ?」的な情報を蓄積させていくことによって、自分の癖や特徴がより深く理解できるようになり、たとえ調子を落としていても、それを良い方向に導いていけるコツのようなものが掴めるようになっていくわけです。

上手にできているかどうかで一喜一憂しているだけでは理解も深まらず、前進していきません。間違えずにきちんと出来ているかどうかというのはレッスン時にトレーナーの判断を仰げば良いことですし、練習を繰り返すことで完成度は必ず上がってくるものですから、あまり心配しすぎずに、不完全でも構いませんので、とにかく継続して練習し、分析しながら情報を蓄積させ、自分の良いところがたくさん出せる「勝ちパターン」を作り上げていきましょう。

 また、反復練習すべきメニューを教えてもらう際にトレーナーから、そのメニューの一つ一つがどんな効果が期待できるのか、についての話もあると思います。リップロールは声帯に負担をかけないのでウォーミングアップとして使うとか、ハミングは倍音を整えて、ネィは声帯を締める筋肉を鍛えて・・・などなど。その時にトレーナー側が話すことというのは、基本的にはそのトレーナー自身がボイストレーニングを積み重ねることによって実感したことであり、レッスンを通して生徒さんがどのように変化していったのかについての経験論も含まれてきます。

それをそっくりそのまま受け取って、その通りにならなければならないんだと思いながらトレーニングすると、うまくいかないこともあるかもしれません。一般論がそっくりそのまま全て当てはまるとは限らない、ということです。

感覚も個人個人で全然違ってきますし、声質などを含め、声帯のタイプにも個人差がかなりあります。あるトレーニングのメニューをこなした成果というのが、どんな人も完全に同じであるということは決してありえません。もし仮にそうだったとしたら、本などを見てボイトレして、「はい、よくできました。おしまい。」でOKとなりますから、トレーナーなんて必要ありませんよね。

ですから、トレーナーからの話はしっかり理解しつつも参考程度にとどめ、そういった成果が本当に出るのかどうかをじっくり検証していくという姿勢が大事になってくるのではないかと思います。反復練習を繰り返しながら、トレーナーとも綿密に確認していきながら、自分独自の成果を探っていくことこそ良いボイストレーニングであると私は思っています。

 
 反復練習の大切さ、なんとなく理解していただけたでしょうか?歌を歌うことというのは、誰にでも出来ることですし、誰でも何かしらの機会にやってきたことでもあります。そうであるがゆえに、ちょろっとボイトレのレッスンを受けて何らかのコツさえつかめてしまえば、いとも簡単に上達するものなのではないか、と思われがちです。

ボイストレーナーは魔法使いではありませんから、トレーニングを受ける皆さんを支えていくことしかできません。「先生」と呼ばれるから偉いというわけでもありません。例えるなら、伴走者のようなものだと思っていただければと思います。みなさんと一緒に走りながら、良い走り方のフォームや、疲れにくく早く走れるコツなどを教えたり、背中を押してあげられるような時もあれば、しんどい時には立ち止まって一緒に休憩するなんてこともあるでしょう。できることからコツコツと、真摯にトレーニングを積み上げていった先に見える景色を、一緒に楽しむことができると嬉しいです!

継続は力なり。無理なく続けていけるお手伝いを精一杯やらせていただきたいと思っています!楽しく、正しく、頑張りましょう!

 それでは!今日も良いボイトレを!