Rss

Archives for : 3月2021

講師コメント2021/3/15更新

M&N Bit Of Soundボイストレーニングスクールでレッスンをするボイストレーナーのコメントを紹介。
随時更新していきます。

 講 師 か ら コ メ ン ト 

こんにちは。
東京・吉祥寺 M&N Bit Of Sound ボイストレーニングスクール ボイストレーナーのフルカワです。                             東京のボイストレーニングスクールM&N Bit Of Sound講師の古川淳一先生の写真

 今年は花粉がキツい。毎年どこかで聞いたり見たりするセンテンスですが、本当に今年はキツいですね。皆様体調はいかがでしょうか。花粉症で鼻水やノドのイガイガなどのアレルギーの症状が出ている場合、発声する際は決して無理しないでくださいね。トレーナーと相談しつつ、いつも通りに出来なくても大丈夫なので、無理のない範囲でトレーニングしていきましょう。花粉症ではない、という方も、決して油断はしすぎずに。

 レッスンをやっていて、そして自分で練習や研究をしていても感じることなのですが、「できる/わかる」と「できない/わからない」の間には「わかりにくい」があるのかなと。「できない」をいきなり「できる」にするのは難しいけれど、いまわかっていることを総動員して「わかりにくい」をわかりやすくスッキリさせるようなことが少しずつでもできていけば、いずれは「できる」にもたどり着けるのかなと思っています。そんな「わかりにくい」をハッキリさせられるようなヒントを、レッスンを通して提供させていただければと思いますし、「できる」や「わかる」に少しでも近づいていけるようなお手伝いができるように、精一杯サポートして参ります。

 

Facebookページを開設いたしました。
皆さまのライブ・公演・HP・活動状況のお知らせなどをアップさせていただきますのでどうぞお寄せください。
Facebookをご利用中の方は、下記URLのFacebook内の「いいね!」ボタンを押していただけると、
随時更新したものをご覧いただけます。
https://www.facebook.com/mnbos

講師COMMENTS一覧へ

 

 

音域を広げるトレーニング「ネィ」について

こんにちは。
東京・吉祥寺 M&N Bit Of Sound ボイストレーニングスクール ボイストレーナーのまなみです。

今回は「ネィ」について考えていきたいと思います。当スクールで行う「ハミング」と「ネィ」のトレーニングですが、「ハミング」は声の質を高めていくトレーニング、「ネィ」は、音域を広げて、エッジをつけるトレーニングとして行なっておりますが、この「ネィ」のトレーニングは、まさに声帯の筋トレのようなものになってきます。

この「ネィ」のトレーニングで、声帯を閉める筋肉を整え、コントロールできるようにすることで高い音も鳴らしやすくなっていきます。高い音はどれだけ声帯を細くかつ、コントロールしながら閉めれるかがポイントになってきます。この声帯の閉める時のポイントですが、声帯が下に下がったまま閉めると音色が異なり、大きな負荷もかかるので、ナチュラルな位置のまま閉めていことが重要です。閉めすぎるとキンキンした音になります。逆に、声帯が閉まり切れていないと、空気の通る道が広くなり、やんわりした息のまじった音になりますので、トレーナーと確認しながら行っていきましょう。
また、声帯の閉める筋肉を鍛えれば、瞬発力が上がったり、パンチの効いた表の声が鳴らせるようになったり、高い音を出すときに声が震えなくなったり、肺から声帯へ送られてくる息の量が多くなってもその量に負けずに閉めれるパワーが作れます。
また、その声帯を閉めれる筋力が整ってくると、徐々に閉めるというコントロールが可能になり、よって、声帯を柔らかく使う能力もついてきます。
丁度良い閉め具合いと声帯の位置を確認しながら、トレーニングがんばっていきましょう。

【関連するボイトレ講座】

「ハミング」「ネイ」の効果について

「ハミング」「ネイ」の練習上の注意点

Nei ネィをするときのポイント